低金利で即日お金を借りる方法は消費者金融だった

お金を借りるなら少しでも低金利の方がいいですよね。返済時に利息がかかるのは当然だと分かっていても、低金利は嬉しいですし、なるべくムダなお金はカットしたいものです。低金利でお金を借りる方法なら消費者金融がおすすめでした。

最短即日のお金を借りる方法

お金を借りるには様々な手続きが必要になりますが、その日のうちに融資を受けられるという点で最も優れているのは消費者金融系のカードローンです。
お金を「もらう」のではなく「借りる」、すなわち利子をつけて返済するのが条件のため、安定した収入があることが大前提ですが、大手消費者金融系カードローンであれば初回無利子期間やスピード審査など利用者に魅力的な特典が揃っています。

銀行カードローンと消費者金融の違い

カードローンには銀行カードローンもありますが、消費者金融カードローンとは毛色が少々異なります。
まず、金利が低めに抑えられているという点では銀行カードローンが利用者には有利に映りますが、借入金額が低い場合には宣伝しているような最低金利でお金を借りることはできません。
借入金額が低いと金利が高めになるというのは消費者金融カードローンでも同じですが、即日融資が不可能という欠点も銀行カードローンにはあります。
審査を行うのが保証会社であることが多く、また反社会組織へお金が流れないように警察のデータベースへの紹介をはじめ審査に多くのプロセスが多くなるからです。

即日お金を借りるための注意点

即日お金を借りられる、スピード審査と言っても消費者金融も24時間365日審査と融資を行っているわけではありません。
土日祝日などの営業時間外の申し込みでは、受け付けはしてくれても審査は営業日に行われるために即日での審査・融資はほぼ不可能です。
平日の営業日であっても営業時間外であれば同様で、翌日以降の審査・融資に回されてしまいます。
スピード審査を売りとしている金融業者では、当日融資までの申し込み可能時刻が明示されていますので、確認が必須です。
また、返済のための銀行口座が指定されていることがほとんどなので、その銀行口座が開設されていないと手続きがうまくいきません。

申込みに必要な書類

お金の貸し借りという重要な契約を締結するため、本人確認書類は必須です。
本人確認書として一番好まれるのが運転免許証ですので、免許証を所持している人はこれを用いましょう。
免許証がない人は、例えばパスポートや住民基本台帳カード、在留カード、マイナンバーカードなど顔写真付きの本人確認書類を用意します。
これらの書類に記載されている住所と現住所が異なる場合にはさらに
・現住所記載の保険証や母子手帳、年金手帳などの本人確認書
・電気・ガス・水道料金といった公共料金の領収書
・住民票、印鑑登録証明証などの公官庁発行書類(住所・指名・生年月日記載)
といった書類が必要になります。
顔写真付きの本人確認証がない場合には、これら3種類の書類から複数を組み合わせて提示する場合が多いです。
借り入れ金額が多くなると、返済できるかどうか確認するために収入証明書の提出が必要になる場合もあります。

審査による在籍確認の方法

金融業者に申告した勤め先に本当に勤務しているか(=ちゃんとお給料をもらって返済ができる状態なのか)を確認するのが在席確認です。
一般的には電話で確認が来ますが、消費者金融とは名乗らず担当者の個人名で電話がかかってきますので、会社にカードローンを組んだことがばれることはありません。
消費者金融会社によっては、電話による在席確認をせずインターネット上の手続きのみで審査を通してくれるところもあります。
その場合、指定銀行の口座を持っていることなど条件が追加されることも考慮に入れておいてください。

TOPへ