キャッシングのグレーゾーン金利を知っておこう

グレーゾーンという言葉を聞くと何とも怪しい感じですね。しかもキャッシングと絡むと、さらに怪しさ倍増といった感じです。正直グレーゾーン金利が何かを知らなくてもキャッシングは可能ですし、大手の消費者金融や銀行などでは撤廃されているので安心です。しかし覚えておいて損はないので確認してみましょう。

 

利息を考える

お金を借りて返済する時に利息が発生しますよね。この利息がどれくらいになるかというのが金利になります。金利は1年単位で表されて、借りた金額(元本)に対しての割合で表されています。

 

お金を貸す側としては、少しでも金利が高い方が儲けがありますが、法律によって金利が制限されているので法律に定められた範囲で金利を設定しています。

改正貸金業法と改正出資法

自由に決められない金利の法律は2010年に施工されました。この改正賃金業法と改正出資法があることで、元本の金額に対して上限金利が制限されるようになったのです。
利息制限法という法律で定められていた金利

  • 10万円未満・・・20%
  • 10万以上100万円未満・・・18%
  • 100万円以上・・・15%

法改正前の出資法は上限年率29.2%を超える金利で貸した場合は5年以下の懲役、または1,000万円以下の罰則金が貸される場合があります。しかし、改正法が施工される前までは29.2%の金利で貸し出さなければ処罰されない状況でした。

 

そのためグレーゾーン金利というものは、利息制限法の金利と出資法の上限金利の間の金利のことを言います。

 

分かりやすく言えば、利息制限法には触れてしまうけど、出資法には触れない何ともグレーな金利のことですね。

 

過払い金が発生してしまった

最近よく耳にする過払い金。実は法改正前までに利用していた人は、グレーゾーン金利で支払いをしていたので払い過ぎたことを知らずに返済していました。

 

グレーゾーン金利が明るみになり、過払い金請求というフレーズで法律事務所がCMを出したりすることで、グレーゾーンかもしれないと気付き始めたわけですね。

 

過払い金の返済で大手の賃金業者も倒産してしまった例もあります。(武富士のように)

 

当サイトで紹介している消費者金融では、グレーゾーン金利

TOPへ