自動融資キャッシングって何?口座残高不足を補う

自動融資という言葉を知っていますか?キャッシング(カードローン)では自動融資によって、万が一口座に残高が無くても支払えるようなシステムがあるんですよ。銀行口座から公共料金などの支払いをしている場合、残高不足で引き落とせない場合にカードローンの利用可能枠内にはなりますが、自動で不足分を融資してくれるサービスです。

自動融資キャッシングのメリット

自動融資キャッシングのメリットは、何よりも口座引き落としができない状況を作らないことですね。自動支払いにしている引き落としが不能にならないので、入金忘れや資金不足を解消できます。

 

公共料金はもちろんですが、クレジットカードの引き落としなども同じ銀行にしている場合、信用情報に傷が付いたりしたら大変です。多くの方は携帯料金なども一緒にしているため、お金が不足した場合は困りますよね。そんな時に自動融資キャッシングを利用すればお金を工面することができます。

自動融資キャッシングで気を付けたいこと

口座のお金が足りない場合に自動で補充してくれるイメージを持ってしまう自動融資キャッシング。すごく便利ですし、実際助かることがあるのですが、あくまでも自分のお金ではなく借りるという事を忘れてはいけません。

 

借りるからには利息が発生しますし、ついついお金が不足しても自動融資キャッシングがあるから・・・と頼りすぎると、借入額が大きくなってしまい返済に負担がかかる可能性がありますので借り過ぎには気を付けたいですね。

 

自動融資キャッシングを利用する場合は、しっかり管理をしながら活用しましょう。

銀行系カードローンのみ

この自動融資キャッシングというサービスは、大手の消費者金融や信販系カードローンでは利用できません。銀行系カードローンのみで利用できるサービスとなっています。

主に利用できる銀行系カードローン

  • 三井住友銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン

銀行カードローン帯同している自動融資キャッシングですが、自己管理が苦手な方は銀行系カードローンではなく、消費者金融を利用した方が安全と言えます。知らず知らず自動融資で借り過ぎることがありませんので。

TOPへ