自営業の人が即日お金を借りる方法

自営業であっても消費者金融からお金を即日融資してもらうことは可能なのでしょうか?毎月決まったお給料を貰うわけではない個人事業主の場合だと審査に通りにくいと思うかもしれませんが、カードローンなら普通に借りることができますよ。

 

急な出費に即日融資ができる消費者金融

自営業の場合は毎月固定給ではありませんので、場合によっては急な出費に対応できない時があります。困った時にお金を借りる場所があれば対応できますし、普段からも安心して生活や仕事ができるようになります。

 

収入が不安定なイメージの強い自営業でも審査を受けられる消費者金融を選びましょう。即日融資で今日中にお金を工面するなら銀行カードローンでは不可能ですので、消費者金融がおすすめです。

自営業の限度額

自営業の収入は変動するため審査にも通りにくいと思った方が良いですし、消費者金融では「総量規制」という法律があるため、年収の3分の1以上の借入はできないようになっています。

 

自営業の場合は年収が審査には大きなポイントになっていますし、申込みをすると会社の担当者から仕事の現状を確認されることもあります。

 

年収が300万円の場合は、100万円が限度額となります。しかし、初めて借りるときに100万円が借りられるかといえば違います。10万円から30万円が相場と思っていた方が間違いないです。

 

審査をスムーズに通りたいなら借入希望額を低く申請する方が通りやすくなります。最初から100万円となれば審査も厳しくなり、時間もかかるため即日融資を受けることが難しくなってしまいます。

自営業の必要書類と在籍確認

自営業の人が消費者金融に審査を依頼する際に必要な書類や在籍確認の方法について見てみましょう。自営業であっても基本的には審査の流れは一緒になります。必要な書類は「本人確認書類」と「収入証明書」の2種類になります。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

 

収入証明書

  • 確定申告書

消費者金融では本人確認書類を1点提出することで審査を受けられます。希望額が50万円以上で他社の借入との合計が100万円以上になる場合は収入証明書が必要になります。

 

自営業の場合は通常の審査でも収入証明書が必要になる可能性もありますので、依頼をされたら提出しましょう。

お金の調達方法は色々

自営業の方がお金を調達する方法は消費者金融だけではありません。いろいろな方法がありますので知識として覚えておいて損はありませんね。

  • 消費者金融
  • 銀行カードローン
  • 銀行系ビジネスローン
  • 日本政策金融公庫
  • 銀行の融資

自営業がお金を借りる方法は多いとはいえ、手続きや即日融資を考えると消費者金融がもっとも手軽に利用できます。

ファクタリング

これまでの融資を受ける方法とファクタリングは意味合いが異なります。ファクタリングはあくまでも売掛金の債権を業者に売る事で得られるお金になります。実際に回収した売掛金より手数料を引かれるので少なくなります。

 

手軽にお金を調達できる流れではなく、交渉から手続きなど面倒な作業が多いのもファクタリングです。便利ではあるのですが、即日融資などを考えると一度考えてみる時間が必要かと思います。

 

自営業の人でも手軽に使える消費者金融

自営業でお金が困った場合、今すぐお金を工面する必要がある場合は消費者金融がおすすめです。当サイトで紹介している大手の消費者金融なら、スムーズに審査を受けられますし即日キャッシングができるカードローンです。

 

慌てて怪しい闇金などに手を出さずに、消費者金融をうまく活用してお金を工面してくださいね。

 

TOPへ